広島県内水面漁業協同組合連合会
  広島の内水面
外来魚対策
 
本来、県内には生息していなかったブラックバス(オオクチバス)、ブルーギル等の外来魚が無秩序に放流され河川の漁業権漁場を含め,ため池等で大繁殖し,アユなどの有用魚類への被害と合わせて内水面の豊かな生態系の崩壊が心配されています。
 本会では、外来魚の拡散防止と、多様性生物の環境保全のため、駆除事業や密放流防止などの啓発駆除活動に取り組んでいます。
ため池外来魚駆除リーフレット
 ため池の外来魚駆除を進めるため,リーフレットを作成しました。
 関係者の皆様のご理解とご協力をお願いします。


外来魚駆除実績
 年度 駆除回数 駆除数量(尾)
26年  27  1,537 
25年 63  966
24年  70  6,836 
23年 51 2,735
22年 75 1,534
21年 81 3,836
20年 88 5,657
19年 92 209,616
18年 92 10,359
17年 64 8,570
16年 58 6,314
15年 58 4,632
14年 56 9,033
13年 30 1,743


可愛川漁協の駆除作業(平成26年11月9日)






電気ショッカーによる外来魚駆除作業状況
(三次市馬洗川)
2月26日に江の川漁協で行われた,ボート式電気ショッカーによる外来魚駆除作業の状況です。

機器組み立て作業
ボートの組み立て(4分割で運搬)電極も取り付け組みたて完了

網に追い込まれたオオクチバス               通電航行中
船外機で航行

ショック状態のオオクチバス(沈んでいる)              魚体計測
麻痺したオオクチバス,タモ網で回収





  

外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)

 平成17年6月1日から外来生物法が施行され,ブラックバス(オオクチバス,コクチバス),ブルーギルなどの外来魚について,飼育,保管,運搬,譲渡,野外に放つことなどが規制されました。密放流などの違反行為に対しては,最高で個人の場合,懲役3年以下若しくは,300万円以下の罰金が科せられます。


オオクチバス,コクチバス,ブルーギルのリリース禁止に係る広島県内水面漁場管理委員会指示

広島県内水面漁場管理委員会では,江の川水系の一部でオオクチバス,コクチバス及びブルーギル(バス等)のリリース(再放流)を禁止する広島県漁場管理委員会指示第1号を発動しました。




東野迫池外来魚駆除作業実施報告(平成20年度)
1 目的
   県営ため池等整備事業の堤体工事と連携し,駆除作業を行う。
 2 実施概要
 (1)実施場所 庄原市是松町東野迫 東野迫池
 (2)実施月日 平成20年11月10日(月) 9時30分~12時
 (3)実施者  水利組合,西城川漁業協同組合,庄原市,
          備北農林局庄原支局,施行業者(角栄組)
 3 作業状況
 (1) 水抜き作業 
     工事の進行に合わせ,落水減水(11月4日現在 水深1m) 
 (2) 魚ウケの設置,魚体回収
     水路へヤナ3箇所(上:7cm目,中:1cm目,下:5mm目)
     ヤナ工事中常設
 (3) 魚体処理
     焼却(庄原市焼却場:無料)
 4 取り上げ結果
     ブルーギル  120kg(オオクチバスは事前取り上げされ,食用にされた)


藤兼池池外来魚駆除作業実施報告(平成20年度)
1 目的
   休耕田を利用して,ため池の外来魚を駆除するとともに,駆除技術情報の収集及び関係者への啓発を行う。

 2 実施概要
 (1)実施場所 三次市君田町藤兼 藤兼池(五反田堤)
 (2)実施月日 平成20年11月11日(火)10時~12時
 (3)実施者   藤兼池水利組合,江の川漁業協同組合,広島県内水面漁業協同組合連合会

 3 作業状況
 (1)水抜き作業
   水利組合が10月中旬から,ため池のハチノコの操作により減水開始
 (2)魚ウケの設置
   放水口(ヒューム管)に金網(1cm目)ぬウケを取り付け
 (3)休耕田除草・整地作業
   作業員4人,ユンボによる整地
 (4)魚体処理
   休耕田からタモ網で取り上げ,埋設処理
 4 取り上げ結果
    オオクチバス 300尾(90kg)  20~30cm級(1,2年魚)中心 最大50cm
 5 まとめ
    駆除作業の省力化,効率化に有効な駆除法である。
    ため池からの濁り,ヘドロの流出防止が図られる。
    作業場所の条件が限定される。


宗祐池外来魚駆除作業実施報告(平成19年度)
                                                                               
 1 目的
  ブラックバスなどが大量に生息し,河川などへの稚魚の供給元にもなっているため池での外来魚駆除を行うとともに,
  ため池での駆除を進めるための技術情報等を収集する。

 2 実施概要
  (1) 実施場所 三次市南畑敷町 宗祐池(貯水量255,300㎥, 面積1ha,堤 L153.7m H11.4m)
  (2) 実施月日 平成19年11月12日~11月30日
            第1回集中 取り上げ:11月16日
            第2回集中 取り上げ:11月21日
  (3) 実施者  南畑敷土地改良区,江の川漁業協同組合,広島県内水面漁業協同組合連合会

 3 作業状況
  (1)水抜き作業  
    土地改良区が,11月12日からため池の底のバルブ操作により放水開始。
  (2)ヤナの設置
    江の川漁協が,11月9~10日,水路へ魚取り上げようのヤナ(仕切り網)を3箇所設置
                                      (目合:上5cm,中1.5cm,下1cm)。
  (3)作業体制
    江の川漁協,土地改良区,内水面漁連,県庁水産振興・漁業調整・農業基盤室,広島・福山・備北農林局,
    水産海洋技術センター,内水面漁場管理委員会 延べ80人
  (4)魚体処理
    三次市処理センターへ自家搬入

 4 取り上げ結果
  (1)外来魚駆除   ブルーギル   1,759kg     203千尾 
              オオクチバス    205kg       1千尾
                    計   1,965kg      204千尾
                (他,カムルチー若干駆除)
  (2)その他  フナ類(ゲンゴロウブナ等),コイ,ナマズ,ヨシノボリ類
  (3)池の生物相
    ・池の優占種はブルーギルで,特に,稚魚が大量に生息。
    ・次いで個体数の多かったオオクチバスは,大型親魚以外は,全長10~20cmの当歳,2年魚が多く見られたが,
     稚魚は見られなかった。
    ・在来魚ではフナ,コイが多かったが,大型個体のみで若齢魚は見られず,個体数は外来魚に及ばないと推察された。
    ・その他,ナマズ,ヨシノボリ類及びカムルチーが確認されたが,ごく少数だった。

5 今後の検討課題
  (1) 水路でのヤナの構造
  (2) 効率的な取り上げ方法(落水時の簡便取り上げ方法)
  (3) 池での最終取り上げ方法