河川地図画面に戻る


帝釈峡漁業協同組合
内水共第
41
号及び第42号第5種共同漁業権遊漁規則

 

(この規則の趣旨)

第1条 この規則は,帝釈峡漁業協同組合(以下「組合」という。)が免許を受けた内水共第41号,及び内水共第42号第5種共同漁業権に係る漁場(以下「漁場」という。)の区域において,組合員以外のする当該漁業権の対象となっている水産動物(あゆ,ます,こい,ふな,うなぎ,わかさぎをいう。以下同じ。)の採捕(以下「遊漁」という。)についての制限に関し,必要な事項を定めるものとする。   

(遊漁の承認及び遊漁料の納付義務)

第2条 漁場の区域内において遊漁をしようとする者は,予め組合に申請して,その承認を受けなければならない。

2 前項の規定による申請は,手釣,竿釣,つけ針,ヤスによる遊漁の場合には口頭で,その他の場合には遊漁対象水産動物,漁具,漁法,遊漁区域,遊漁期間を記載した遊漁承認申請書を提出しなければならない。

3 組合は,第1項の規定による申請があったときは,手釣,竿釣,つけ針,ヤスによる遊漁の場合には,第10条の規定による(申請者が遊漁の中止を命じられ,又は以後の遊漁を拒絶された者であること)場合を除き,その他の場合には,当該遊漁の承認により,当該水産動物の保護培養又は組合員,若しくは遊漁者(第1項の承認を受けた者をいう。以下同じ。)の行う水産動物の採捕に著しい支障があると認められる場合又は第10条の規定による(申請者が遊漁の中止を命じられ,又は以後の遊漁を拒絶された者であること)場合を除き,同項の承認をするものとする。

4 遊漁者は,直ちに第6条第1項の遊漁料を同条第3項の方法により組合に納付しなければならない。

(遊漁期間)

第3条 次の表のア欄に掲げる魚種を対象とする遊漁は,それぞれイ欄に掲げる期間内でなければならない。

ア魚種

イ   期        間

ます(あまご)

41日から831

あ ゆ

61日から1130日までの期間内で組合が定めて公示する日から1130日まで

うなぎ

こ い 

ふ な

わかさぎ

周年とする

2 前項の公示は,組合の掲示板及び遊漁料の納付場所に掲示するものとする。

(漁具,漁法,漁場の制限)

第4条 釣り大会のため,漁場の一部を一定期間遊漁の制限をすることがある。

 ただし,この場合には,公示するものとする。

2 4月1日からあゆ解禁日より10日間までは,手釣,竿釣,つけ針以外の漁具,漁法による遊漁はしてはならない。

3 あゆ解禁日より20日間は,目刺網(一枚建網)による遊漁をしてはならない。ただし,神竜湖はこの限りでない。

4 漁具・漁法ごとの統数又は規模の制限は,第6条の表に示すとおりとする。

(禁止区域)

第5条 第3条の規定にかかわらず,次の表のア欄に掲げる区域内においては,イ欄の漁法による遊漁は,ウ欄に掲げる期間はしてはならない。

ア 区 域

イ 漁  法  

ウ 期  間

福桝川の山室正利宅前より上流の

入谷橋下(上流)まで

あゆの手釣,竿釣以外の漁法

6月1日から

8月31日まで

庄原市東城町帝釈宇山素麺橋上流側から同町帝釈山中柳田橋下流側及び同町帝釈始終白石中橋下流側に至るまでの帝釈川本流及び支流(始終川)の区域(広島県内水面漁業調整規則による採捕禁止区域)

すべての漁法

10月1日から

3月31日まで

神竜湖

手釣,竿釣,たも網以外の漁法

1月1日から

4月14日まで

(遊漁料の額及び納付方法)

第6条 遊漁料の額は,次のとおりとする。

 ただし,遊漁者が未就学の幼児若しくは小学校児童のときは無料,中学校の生徒又は肢体不自由者のときは,次の表に掲げる額の2分の1に相当する額とし,第3項ただし書に規定する方法により納付するときは,同表に掲げる額に500円を加算した額とする。

魚種

漁具,漁法

統数又は規模

区域

遊漁料

あ   ゆ

ます(あまご)

う な ぎ

手釣,竿釣

つけ針,ヤス

全区域

ただし,第5条は,別とする。

1日 2,000

1年 6,000

投   網

1人1統

1日 2,000

1年 7,000

目 刺 網

1人2統(1統が35m以内)

こ   い

ふ   な

手釣,ヤス

1日 1,000

1年 6,000

竿   釣

1人4本以内とする。

投   網

1人1統

わかさぎ

手釣,竿釣

1人3本以内とする。

1日   500

1年 2,000

たも網

1人1網

2 前項の規定にかかわらず,日券,年券の区分において,納付した遊漁料の額と同額又はより低い遊漁料の額の漁具,漁法は,遊漁することができる。また,内水共第43号における遊漁についても同様とする。

3 遊漁料の納付は,次の場所においてしなければならない。

ただし,手釣,竿釣,つけ針,ヤスによる遊漁の場合には,当該遊漁をする場所において漁場監視員に納付することができる。                                           住     所          納 付 場 所     電   話

 (1)庄原市東城町帝釈宇山   帝釈峡漁業協同組合  (0847760028

 (2)その他組合の指定する場所

4 前項で指定した納付場所は,組合事務所に掲示して周知を図る。新しく納付場所を措定したときも同様とする。

(遊漁承認証に関する事項)

第7条 組合は第2条第1項の承認をしたときは,別記様式第1号による遊漁承認証(以下「遊漁承認証」という。)を遊漁者に交付するものとする。

2 遊漁承認証は,他人に譲渡し,又は貸与してはならない。

(遊漁に際し守るべき事項)

第8条 遊漁者は,遊漁をする場合には遊漁承認証を携帯し,漁場監視員の要求があったときは,これを提示しなければならない。

2 遊漁者は,遊漁に際して漁場監視員の指示があった場合には,これに従わなければならない。

3 遊漁者は,遊漁に際しては相互に適当な距離を保ち,他の者の迷惑となる行為をしてはならない。

(漁場監視員) 

第9条 漁場監視員は,この規則の励行に関して必要な指示を行うことができる。

2 漁場監視員は,別記様式第2号の漁場監視員証を携帯し,かつ,漁場監視員であることを表示する腕章をつけるものとする。

(違反者に対する措置) 

10条 組合は,遊漁者がこの規則に違反したときは,直ちにその者に遊漁の中止を命じ,又は以後その者の遊漁を拒絶することができる。

 この場合において,遊漁者が既に納付した遊漁料の払い戻しはしないものとする。

 

  付 則

 この規則は,知事の認可のあった日から施行する。


帝釈峡漁協 内水共41,42号第5種共同漁業権漁場区域図









帝釈峡漁業協同組合
内水共第
43
号第5種共同漁業権遊漁規則

 

(この規則の趣旨)

第1条 この規則は,帝釈峡漁業協同組合(以下「組合」という。)が免許を受けた内水共第43号第5種共同漁業権に係る漁場(以下「漁場」という。)の区域において,組合員以外の者のする当該漁業権の対象となっている水産動物(あゆ,うなぎをいう。以下同じ。)の採捕(以下「遊漁」という。)についての制限に関し,必要な事項を定めるものとする。

(遊漁の承認及び遊漁料の納付義務)

第2条 漁場の区域内において遊漁をしようとする者は,予め組合に申請して,その承認をうけなければならない。

2 前項の規定による申請は,手釣,竿釣,つけ針,ヤスによる遊漁の場合には口頭で,その他の場合には遊漁対象水産動物,漁具,漁法,遊漁区域,遊漁期間を記載した遊漁承認申請書を提出してしなければならない。

3 組合は,第1項の規定による申請があったときは,手釣,竿釣,つけ針,ヤスによる遊漁の場合には,第10条の規定による(申請者が遊漁の中止を命じられ,又は以後の遊漁を拒絶された者であること)場合を除き,その他の場合には,当該遊漁の承認により,当該水産動物の保護培養又は組合員,若しくは遊漁者(第1項の承認を受けた者をいう。以下同じ。)の行う水産動物の採捕に著しい支障があると認められる場合又は第10条の規定による(申請者が遊漁の中止を命じられ,又は以後の遊漁を拒絶された者であること)場合を除き,同項の承認をするものとする。

4 遊漁者は,直ちに第6条第1項の遊漁料を同条第3項の方法により組合に納付しなければならない。

(遊漁期間)

第3条 次の表のア欄に掲げる魚種を対象とする遊漁は,それぞれイ欄に掲げる期間内でなければならない。

ア魚種

イ 期        間

あ ゆ

6月1日から1130日までの期間内で漁具・漁法ごとに組合が定めて公示する日から1130日まで

うなぎ

周年とする

2 前項の公示は,組合の掲示板及び,遊漁料の納付場所に掲示するものとする。     

(漁具,漁法,漁場の制限)

第4条 釣り大会のため,漁場の一部を一定期間遊漁の制限をすることがある。

ただし,この場合には,公示するものとする。

(禁止区域)

第5条 前条の規定にかかわらず,次の表のア欄に掲げる区域内においては,イ欄の漁法による遊漁は,ウ欄に掲げる期間中してはならない。

ア 区 域

イ 漁  法  

ウ 期  間

猿鳴橋から紅葉橋までの間。

すべての漁法

6月1日から8月31

汁谷橋から中郷いでまでの間。

(遊漁料の額及び納付方法)

第6条 遊漁料の額は,次のとおりとする。

  ただし,遊漁者が未就学の幼児若しくは小学校児童のときは無料,中学校の生徒又は肢体不自由者のときは,次の表に掲げる額の2分の1に相当する額とし,第3項ただし書に規定する方法により納付するときは,同表に掲げる額に500円を加算した額とする。

魚 種

漁具,漁法

統数又は規模

区域

遊漁料

あ   ゆ

う な ぎ

手釣,竿釣

つけ針,ヤス

全区域。ただし,第5条は別とする。

1日 2,000

1年 6,000

投   網

1人1統

1日 2,000

1年 7,000

目 刺 網

1人2統(1統が35m以内)

2 前項の規定にかかわらず,日券,年券の区分において,納付した遊漁料の額と同額又はより低い遊漁料の額の漁具,漁法は,遊漁することができる。また,内水共第41号及び第42号における遊漁についても同様とする。

3 遊漁料の納付は,次の場所においてしなければならない。

ただし,手釣,竿釣,つけ針,ヤスによる遊漁の場合には,当該遊漁をする場所において漁場監視員に納付することができる。                                          住     所             納 付 場 所        電   話   

(1)庄原市東城町帝釈宇山    帝釈峡漁業協同組合   (0847760028

(2)その他組合の指定する場所

4 前項で指定した納付場所は,組合事務所に掲示して周知を図る。新しく納付場所を措定したときも同様とする。

(遊漁承認証に関する事項)

第7条 組合は第2条第1項の承認をしたときは,別記様式第1号による遊漁承認証(以下「遊漁承認証」という。)を遊漁者に交付するものとする。

2 遊漁承認証は,他人に譲渡し,又は貸与してはならない。

(遊漁に際し守るべき事項)

第8条 遊漁者は,遊漁をする場合には遊漁承認証を携帯し,漁場監視員の要求があったときは,これを提示しなければならない。 

2 遊漁者は,遊漁に際して漁場監視員の指示があった場合には,これに従わなければならない。

3 遊漁者は,遊漁に際しては相互に適当な距離を保ち,他の者の迷惑となる行為をしてはならない。

(漁場監視員)

第9条 漁場監視員は,この規則の励行に関して必要な指示を行うことができる。     

2 漁場監視員は,別記様式第2号の漁場監視員証を携帯し,かつ,漁場監視員であることを表示する腕章をつけるものとする。

(違反者に対する措置)

10条 組合は,遊漁者がこの規則に違反したときは,直ちにその者に遊漁の中止を命じ,又は以後その者の遊漁を拒絶することができる。

この場合において,遊漁者がすでに納付した遊漁料の払い戻しはしないものとする。

 

附  則

この規則は,知事の認可のあった日から施行する。


帝釈峡漁協 内水共第43号第5種共同漁業権漁場区域図




河川地図画面に戻る